日焼けしたトヨエツの黒いジョークが炸裂「サウスバウンド」完成会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月12日 > 日焼けしたトヨエツの黒いジョークが炸裂「サウスバウンド」完成会見
メニュー

日焼けしたトヨエツの黒いジョークが炸裂「サウスバウンド」完成会見

2007年9月12日 12:00

豪快な父と大きな母!「サウスバウンド」 (左から)森田芳光監督、田辺修斗、豊川悦司、松本梨菜、 天海祐希、北川景子「サウスバウンド」

豪快な父と大きな母!「サウスバウンド」
(左から)森田芳光監督、田辺修斗、豊川悦司、松本梨菜、
天海祐希、北川景子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」などで知られる奥田英朗原作の同名小説を森田芳光監督(「家族ゲーム」「間宮兄弟」)が映画化した「サウスバウンド」。同作の完成披露記者会見が、9月11日、東京・紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂にて行われ、森田監督以下、主演の豊川悦司天海祐希北川景子らが出席した。

同作は元左翼活動家で、周囲と揉め事ばかり起こす破天荒な父親と、そんな彼に振り回されながらも、東京から沖縄・西表島について行く家族の姿を描いたコメディ。真っ黒に日焼けして登場した父親役の豊川は、「MISTY」(97)以来の共演となった母親役の天海について「11年ぶりの再会ということでハグをしたのですが、相変わらず大きかった(笑)。また背が伸びたんじゃないですか」と冗談を交えながらコメント。さらに「人間の肌ってここまで黒くなるんですね」と話を振った司会の襟川クロに対しても「クロさんに言われたくないですよ」と毒気たっぷりに切り返して、会場は大爆笑となった。

豊川は同作について「現代の色々なしきたりや社会の構造みたいなもの全てに対して、自分の感情をぶつけていく家族を描いた映画だが、自分自身は長いものに巻かれているので(笑)、今回はとても難しい役だった」と振り返り、森田監督は「自分の安住の地や“どこへ行ったらいいのか”を見つけさせてくれる映画になったような気がする。皆さんの心の中にも夢の島、楽園の島があると思うので、映画を見終わってそれを感じてもらえれば」と抱負を語った。

サウスバウンド」は10月6日より、全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi