行定監督が沢尻エリカを絶賛!「クローズド・ノート」が完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月12日 > 行定監督が沢尻エリカを絶賛!「クローズド・ノート」が完成
メニュー

行定監督が沢尻エリカを絶賛!「クローズド・ノート」が完成

2007年9月12日 12:00

「クローズド・ノート」 (左から)竹内結子、沢尻エリカ、黄川田将也、行定勲監督「クローズド・ノート」

「クローズド・ノート」
(左から)竹内結子、沢尻エリカ、黄川田将也、行定勲監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 携帯サイトで連載され、大人気を博した雫井脩介の同名小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」「春の雪」のヒットメーカー、行定勲監督が映画化した「クローズド・ノート」。その完成を記念して、9月10日、東京・六本木の東京ミッドタウン内にあるザ・リッツ・カールトン東京でマスコミ向けの記者懇親会が、また同日夜にはTOHOシネマズ六本木ヒルズにて一般向けの完成披露試写会が行われ、行定監督ほか主演の沢尻エリカ竹内結子らが出席した。

クローズド・ノート」は、1冊のノートに綴られた日記をめぐり、それを読む主人公の女子大生と日記を書いた女性教師の人生がシンクロしていくミステリアスなラブ・ストーリー。これまでとは打って変わって“どこにでもいるような普通の女の子”を演じた沢尻は「あえて役作りをせずに撮影に臨み、現場で感じられることを大事にした」という。それは、今までとは180度異なる映画への取り組み方だったようで「(今までのように)現場で自分の意見を言わなかったし、監督からのディレクションに返していくだけ。それだけでよかったですね」と女優としての成長を垣間見せた。

その発言を受けた行定監督も「自分が演出したものを全て受け入れてくれた上で、沢尻さんから出てくるものは突出して良かった。そういう意味で理想的な演出ができた」と絶賛。また、事務所の先輩でもある竹内は、沢尻との初共演について「覚えている会話は『お昼、食べました?』とかだけ。寂しいですね」と現場での絡みが少なかったことを明かし、互いに「セリフを交わしたかった!」と再共演に期待を寄せた。

クローズド・ノート」は9月29日より全国ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi