ライバルはキムタク!「釣りバカ」20作目で西田敏行が爆笑挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月10日 > ライバルはキムタク!「釣りバカ」20作目で西田敏行が爆笑挨拶
メニュー

ライバルはキムタク!「釣りバカ」20作目で西田敏行が爆笑挨拶

2007年9月10日 12:00

「HERO」のキムタクをライバル視! 「釣りバカ日誌18/ハマちゃんスーさん瀬戸の約束」「HERO」

「HERO」のキムタクをライバル視!
「釣りバカ日誌18/ハマちゃんスーさん瀬戸の約束」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 西田敏行三國連太郎主演の“釣りバカ”シリーズ20作目となる松竹映画「釣りバカ日誌18/ハマちゃんスーさん瀬戸の約束」(特別編2作がある)が9月8日、公開初日を迎え、西田、三國をはじめ、浅田美代子檀れい(マドンナ役)、高嶋政伸石田靖朝原雄三監督が、東京・有楽町の丸の内ピカデリー1で行われた舞台挨拶に登場した。

ハマちゃん役の西田は、TVドラマ「華麗なる一族」で共演したSMAPの木村拓哉が主演する東宝映画「HERO」が同じ日に初日を迎えたとあって猛烈なライバル意識をむき出しに。「真の“HERO”はこっちですよ(笑)。ライバル?もちろんキムタクです」ときっぱりと宣戦布告。

昨年の時代劇「武士の一分」で木村の妻役を演じた宝塚出身の女優で、記念すべき20作目のマドンナ役を演じた檀れいが、「『HERO』でドキドキした後は、『釣りバカ』でほっこりしてほしい」と、“前夫”の作品にも友好的な態度を示すと、マイクを取り上げた西田は、挑発的に「キムタクの妻(檀)の奪取に成功しました。ざまあ見ろ」と怪気炎を上げて、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

スーさん役の三國も、「あっちの“HERO”は作ったもの。こちらは作り上げてきたものだ」と口撃の手をゆるめず、西田の発言をサポート。全20作で長年培ってきたハマちゃんスーさんの国民的な人気コンビぶりをアピールした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi