翔太やガッキーが一発撮りのライブ感を楽しんだ「ワルボロ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月10日 > 翔太やガッキーが一発撮りのライブ感を楽しんだ「ワルボロ」
メニュー

翔太やガッキーが一発撮りのライブ感を楽しんだ「ワルボロ」

2007年9月10日 12:00

「ワルボロ」(左から)新垣結衣と松田翔太、 まるで男子校のような熱い現場だったようで「ワルボロ」

「ワルボロ」(左から)新垣結衣と松田翔太、
まるで男子校のような熱い現場だったようで
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ゲッツ板谷の自伝的小説を映画化した「ワルボロ」が9月8日に初日を迎え、東京・新宿の新宿バルト9にて、主演の松田翔太新垣結衣福士誠治木村了城田優古畑勝隆途中慎吾隅田靖監督による初日舞台挨拶が行われた。

本作は、1980年代の立川市を舞台に、優等生からヤンキーへと転身した中学3年生のコーちゃん(松田)とその仲間たちとの篤い友情、さらに憧れのマドンナ(新垣)への淡い恋心を描いた青春映画だ。

初主演を飾った松田が「“刹那主義”という言葉をテーマに、ライブのように一発撮り出来ればと思って撮影に臨みました。まるで男子校のようにみんなでご飯を食べに行って、“やりたいことをやろう”と、アイデアをどんどん出し合いました」と語ると、福士らは「今までに経験したことがないぐらい、芝居について話しました。翔太に圧倒されました」と、父・松田優作譲りの熱演の松田を大絶賛。

かなり結束の強い現場で、主人公の憧れのマドンナを演じた紅一点のガッキーこと新垣は、「みんなはいつも一緒にいて、“本当に仲が良いなぁ”と思いました。みんなと同じ控え室だったんですが、私の撮影はそれほど長くなかったので一歩引いたところにいたら、“おいでよ”と誘ってくれて。嬉しかったです(笑)」と、撮影時を振り返って笑顔を見せた。

そんなキャスト陣を温かく見守っていた隅田監督は、「それぞれ(の存在感)がスクリーンからはみ出てくるような映画になったと思う」と最後に締めくくった。「ワルボロ」は現在公開中。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi