「サッド ヴァケイション」の監督&キャストがベネチアの思い出を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月10日 > 「サッド ヴァケイション」の監督&キャストがベネチアの思い出を語る
メニュー

「サッド ヴァケイション」の監督&キャストがベネチアの思い出を語る

2007年9月10日 12:00

ベネチアを満喫した「サッド ヴァケイション」監督&キャストたち「サッド ヴァケイション」

ベネチアを満喫した「サッド ヴァケイション」監督&キャストたち
[拡大画像]

[映画.com ニュース] かつて自分を捨てた母親と、運命的に再会した息子の愛憎を描いた「サッド ヴァケイション」が公開初日を迎えた9月8日、東京・渋谷のシネマライズに青山監督、石田えり宮崎あおい板谷由夏、オダギリジョー、光石研斉藤陽一郎、とよた真帆、浅野忠信が来場。初日舞台挨拶を行った。

同作は「Helpless」「EUREKA ユリイカ」に続く青山監督の“北九州サーガ”最終章。監督の集大成ともいうべき入魂の作品で、ベネチア国際映画祭の「オリゾンティ部門」に正式出品。オープニング上映され、斉藤を除く全員が数日前に現地から帰国したばかり。惜しくも受賞は逃したものの、「スケジュールに余裕があったので、夏休みみたいな感じで楽しかった」(宮崎)、「みんなで島へ出かけたりして楽しんだ」(オダギリ)、「気心の知れたハッピーなメンバーと一緒に行けて、幸せだった」(板谷)など、ベネチアでのバケーションを満喫したようだった。

また、「現地ではすごくいい反応をいただいた」と上機嫌の浅野は、「レッドカーペットが短かった。人も少なくて……」と、やや不満な様子の石田に対し、「僕としては(人が)いっぱいでしたけどね(笑)」とすかさずフォロー。青山監督も「石田さんと蚊に悩まされ続け、疲れ切ったベネチアでした」と冗談を飛ばしつつ、「今は達成感に満ちあふれている」と笑顔で語り、会場は大きな拍手で包まれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi