「マトリックス」のウォシャウスキー兄は今も“男”だった! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月10日 > 「マトリックス」のウォシャウスキー兄は今も“男”だった!
メニュー

「マトリックス」のウォシャウスキー兄は今も“男”だった!

2007年9月10日 12:00

[映画.com ニュース] 「マトリックス」シリーズの監督ラリー・ウォシャウスキーは今も性転換しておらず男性のままだった、と米映画ニュースサイトFOXNews.comが報じた。

なぜこれがニュースになるのかというと、かつて「マトリックス」3部作完成後に「監督ウォシャウスキー兄弟の兄ラリーが女性に性転換中だ」というウワサが飛び交ったから。当時、ラリーは妻と離婚条件の法廷闘争中で、妻側が「ラリーには女装趣味がある」と発言。また眉毛を女性のように細く整えたラリーの顔写真がネットに出回ったことが、このウワサに拍車を掛けた。

しかし、同サイトの記事によると、現在、日本製アニメ「マッハGoGoGo」の実写版映画「スピードレーサー」を撮影中のドイツのスタジオで働いたクルーが、「ラリーは女装しておらず、普通の男性のように見える」と発言。また、ラリーは性転換し、リンダまたはラナと名乗っているという噂も飛び交っていたが、同スタジオの電話リストでは、ラリーの名前のままだったという。

マトリックス」3部作に続き、同作でもプロデューサーを務めるジョエル・シルバーも、「彼の性転換のウワサは全くのデマだ。2人はインタビュー取材を全て断り続けたために、あんなウワサが生まれてしまったんだ」と事の真相を明かしている。

思えば、「エド・ウッド」でジョニー・デップが演じたウッド監督(「プラン9・フロム・アウタースペース」)も女装癖はあった。ラリーも単に女装が趣味なだけかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi