ディカプリオが、ローマ皇帝クラウディウスを演じる史劇に挑戦? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月7日 > ディカプリオが、ローマ皇帝クラウディウスを演じる史劇に挑戦?
メニュー

ディカプリオが、ローマ皇帝クラウディウスを演じる史劇に挑戦?

2007年9月7日 12:00

病弱で吃音症の皇帝役「めぐりあう時間たち」

病弱で吃音症の皇帝役
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米バラエティ紙によると、「めぐりあう時間たち」や「あるスキャンダルの覚え書き」といった文芸作品の映画化を多数手掛ける大物プロデューサー、スコット・ルーディンが、イギリスの詩人ロバート・グレーブズによる小説「この私、クラウディウス」(みすず書房・刊)の映画化権を200万ドル(約2.3億円)で獲得した。

同作の映画化に関しては、レオナルド・ディカプリオと脚本家のウィリアム・モナハン(「ディパーテッド」「キングダム・オブ・ヘブン」)の2人が強い関心を寄せていることから、同紙は、ディカプリオ主演の歴史大作として映画化されるものと見ている。

ディカプリオ&モナハンはワーナー・ブラザースとの契約があるが、ルーディンはディズニー傘下のミラマックスとタッチストーンで製作する予定。共同プロデューサーは、ナタリー・ポートマンスカーレット・ヨハンソンを姉妹役でキャスティングした史劇「The Other Boleyn Girl」の“相棒”アリソン・オーウェンが務める。

なお、原作本の「この私、クラウディウス」は、第4代ローマ皇帝クラウディウスによる“自伝”形式の歴史小説。初代皇帝アウグストゥスの就任から、第3代皇帝カリギュラの暗殺を経て、彼が第4代皇帝に就任するまでを綴ったものだ。デレク・ジャコビ主演で、かつて76年に英BBCによって一度TVドラマ化されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi