S・ヨハンソン、J・ティンバーレイクの新曲PVの監督から絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月6日 > S・ヨハンソン、J・ティンバーレイクの新曲PVの監督から絶賛
メニュー

S・ヨハンソン、J・ティンバーレイクの新曲PVの監督から絶賛

2007年9月6日 12:00

[映画.com ニュース] ジャスティン・ティンバーレイクが06年に発表したセカンドアルバム「フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ」からのシングルカット「What Goes Around...Comes Around」のプロモーションビデオで、スカーレット・ヨハンソンがティンバーレイクと共演を果たした。9分30秒にわたるこのPVの中で、2人が交わしている熱いキスが話題になっている。

PVの監督を務めたサミュエル・ベイヤーは、自らの長編映画監督デビュー作となるダイヤ泥棒を描くスリラー「Brilliance」に、そんなスカーレットをキャスティングする意向だという。今冬にもプロダクションを開始予定だ。

彼女の起用の理由についてベイヤー監督は、MTVに「スカーレットは最もセクシーな女優の1人さ。それに、キャラクターになりきることが出来るんだ」と説明。また、PVでの演技に関しても「カメラを回すほんの少し前までは笑っていたのに、カメラが回り始めた途端、泣き出すんだ。舌を巻いたよ」と絶賛している。

先月末に全米公開された主演コメディ「The Nanny Diaries」こそ不評に終わっているが、今後もスカーレットは、ナタリー・ポートマンと姉妹役を演じる「The Other Boleyn Girl」、ウッディ・アレン監督がスペイン・バルセロナで撮影中の新作(タイトル未定)、フランク・ミラー監督の新作「The Spirit」、それに今回の「Brilliance」と新作が続々と控えており、美貌とセクシーさと演技にますます磨きがかかりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi