ニコール・キッドマン、トム・クルーズとの子供を流産していた : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月6日 > ニコール・キッドマン、トム・クルーズとの子供を流産していた
メニュー

ニコール・キッドマン、トム・クルーズとの子供を流産していた

2007年9月6日 12:00

どうしても母になりたい「めぐりあう時間たち」

どうしても母になりたい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー女優のニコール・キッドマンが米バニティ・フェア誌最新号(07年10月号)のカバーストーリーで、元夫トム・クルーズの子供を流産した過去があることを告白した。

キッドマンは90年にクルーズと結婚したが、当時エージェントから「スターのトムと結婚すれば女優生命が終わってしまう」と反対されたという。「女優としてのキャリアを得るよりも、結婚して子供が欲しかった」という彼女は周囲の反対を押し切って結婚したが、すぐさまクルーズとの子(娘)を流産したらしい。「このことはすごいトラウマになったわ」と赤裸々に告白したキッドマンが、流産の体験を語るのはこれが初めてのこと。

2人はその後、イザベラちゃんとコナーくんを養子として受け入れるが、01年に離婚。結局2人の間に子供がもうけられることはなかった。

皮肉にもクルーズとの結婚後、キッドマンは女優としての評価がうなぎ上りになり、離婚後の02年には「めぐりあう時間たち」の演技で見事にアカデミー主演女優賞を受賞している。

06年にはカントリー歌手のキース・アーバンと結婚したキッドマンだが、アーバンと結婚するまでに“ある男性”と婚約していたことも同誌に暴露している(その相手は明らかにしていない)。「私は子供が欲しかったの。その人とは婚約はしていたけど、結婚する準備はできてなかった」と知られざる過去を語ったキッドマンは現在40歳。親友のナオミ・ワッツが息子を産んだ今、彼女は一刻も早くアーバンとの子供が欲しいという。「もし私が妊娠できないとしたら、すごく悲しくなると思うわ。でもキースは(赤ちゃんが欲しいという)私の望みを知っているし、努力してるのよ(笑)」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi