スーパーマンがバンパイアに?ブランドン・ラウスが新作で吸血鬼役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月3日 > スーパーマンがバンパイアに?ブランドン・ラウスが新作で吸血鬼役
メニュー

スーパーマンがバンパイアに?ブランドン・ラウスが新作で吸血鬼役

2007年9月3日 12:00

今度は吸血鬼役「スーパーマン リターンズ」

今度は吸血鬼役
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スーパーマン・リターンズ」でスーパーマンを演じたブランドン・ラウスが、新作でバンパイアを演じることになった。

その新作は「アメリカン・サイコ」「ルールズ・オブ・アトラクション」などの映画化作でも知られるブレット・イーストン・エリスの同名短編集を映画化する「インフォーマーズ(The Informers)」。映画は80年代のロサンゼルスを舞台にしたそれぞれ関連のある7つの短編を原作に、映画製作者、その妻、その愛人、ロックスター、バンパイア、誘拐犯のある週末を描くとのことで、ブランドン・ラウスはこのメインキャラクターのひとり、バンパイアを演じる。

他に「がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン」のビリー・ボブ・ソーントンが映画製作者役、「セルラー」のキム・ベイシンガーがその妻役をオファーされている。監督はオーストラリア出身、「ケリー・ザ・ギャング(未)」のグレゴール・ジョーダン。撮影はこの10月からロサンゼルス、ウルグアイ、ブエノスアイレスで開始、08年全米公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi