サブちゃん登場!「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」完成披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月22日 > サブちゃん登場!「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」完成披露
メニュー

サブちゃん登場!「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」完成披露

2007年8月22日 12:00

(左から)安藤政信、佐藤浩市、伊藤英明、 桃井かおり、北島三郎、三池崇史監督「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」

(左から)安藤政信、佐藤浩市、伊藤英明、
桃井かおり、北島三郎、三池崇史監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才・三池崇史監督が西部劇と時代劇を融合させ、全編英語で製作した「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」の完成披露試写会が、8月21日、東京・有楽町の有楽町朝日ホールで行われ、三池監督以下、主演の伊藤英明佐藤浩市安藤政信桃井かおり、そして主題歌を担当した演歌の大御所、北島三郎が登壇した。

本作は29日よりイタリアで開催される第64回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に選ばれているほか、カナダの第32回トロント国際映画祭にも正式招待された話題作。「出来上がらないのではないかと不安に思う時期があった」と三池監督が話すほど難産だったという本作だが、佐藤は「僕らが映画の仕事を始めた20数年前は、“終わらないのでは?”と思う現場が結構あったが、今は行儀良く2~3日の遅れで撮り終わる。だが、今回は久しぶりに大変な撮影で、映画を撮っていることを実感させてくれる現場でした」と振り返り、「客に見せるのはもったいない、出来れば誰にも見せたくないと思えるほどの映画になりました」と誇らしげに語った。

また、タイトルにちなんで、キャストをすき焼きの具に例えて欲しいと聞かれた監督は「桃井さんは絹ごし豆腐。浩市さんは白菜。安藤さんはしょう油」と答えると、伊藤は自分で「僕は春菊かな。あってもなくてもいいんですけど」と話し、会場の笑いを誘った。

最後に、三池監督から直談判され、実に23年ぶりに映画の主題歌を担当した御年71歳の北島は「僕は西部劇の大ファン。70歳を過ぎて、また新しいものを見つけることが出来たような気持ち。こんな素敵な映画の主題歌を歌わせて頂いて感謝したい」と述べ、本作にエールを贈った。「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」は9月15日、全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi