人生を変える料理の極意を「厨房で逢いましょう」監督&シェフが語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月21日 > 人生を変える料理の極意を「厨房で逢いましょう」監督&シェフが語る
メニュー

人生を変える料理の極意を「厨房で逢いましょう」監督&シェフが語る

2007年8月21日 12:00

“官能料理”はスクリーンでご賞味を (左から)フランク・エーラー氏、ミヒャエル・ホーフマン監督「厨房で逢いましょう」

“官能料理”はスクリーンでご賞味を
(左から)フランク・エーラー氏、ミヒャエル・ホーフマン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 変わり者だが料理の腕前は超一流のシェフ、グレゴアが、平凡な主婦エデンに恋をした。彼女への想いは料理に注がれ、それは店の客の舌と心をもとろけさせていく――。見る人の胃袋を刺激する数々の料理が散りばられた大人の恋物語「厨房で逢いましょう」が、間もなく公開される。PRで来日したドイツ人監督ミヒャエル・ホーフマンと、劇中で人々を魅了する“エロチック・キュイジーヌ=官能料理”を手がけたシェフのフランク・エーラー氏に話を聞いた。

主人公グレゴアが振舞う料理は、エデンに「あなたの料理で人生が変わった」と言わしめるほどの感動を与える。ホーフマン監督自身にもそういった経験があるのか聞くと、「僕も最初は半信半疑だったんだ。ところが、この映画に参加してもらうシェフを捜して、いくつもレストランを食べ歩いた末に、フランクの料理に出会い、そのあまりの美味しさに感動して何も言葉が出なかったよ。この時初めて“美味しい料理が人生を変える”という意味が理解できた。料理は数少ない“お金で買える幸せ”なんだと実感したよ」と、隣に座るドイツ屈指のシェフの腕前を賞賛。

その監督からラブコールを受けて、料理の監修を任されたエーラー氏に、料理を美味しく見せるためにどんな工夫を施したかたずねると、「加工は一切行ってないよ。その料理の雰囲気を大事にしたかったから、出来上がるとすぐ映像に撮ってもらったんだ」とのこと。“エロチック・キュイジーヌ”の創作については、「監督からアイデアを出されたのではなく、全て自由に作らせてもらった。“何を作るか”よりも、食材をどう扱いどう作っていくかという“所作としての料理”が重要だったんだ」と撮影を振り返った。すると横から監督が「撮影が終わった料理は、僕たちスタッフが全部平らげたよ(笑)」と料理撮影の楽しさを喜色満面に語ってくれた。

厨房で逢いましょう」は8月25日よりロードショー。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi