米脚本家12名のグループが、20世紀フォックスと大型契約 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月17日 > 米脚本家12名のグループが、20世紀フォックスと大型契約
メニュー

米脚本家12名のグループが、20世紀フォックスと大型契約

2007年8月17日 12:00

[映画.com ニュース] 有名な映画脚本家たちによって結成されたグループ“ライティング・パートナーズ”が、20世紀フォックスと大型契約を結んだ。

ライティング・パートナーズは、ハリウッドにおける脚本家の地位向上のために脚本家たちが結成したグループで、テッド・エリオットテリー・ロッシオ(「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ)、マイケル・アーント(「リトル・ミス・サンシャイン」)、ジョン・オーガスト(「チャーリーとチョコレート工場」)、スチュアート・ビーティー(「コラテラル」)、サイモン・キンバーグ(「Mr.&Mrs. スミス」)、コーマック・ウィバーリーマリアンヌ・ウィバーリー(「ナショナル・トレジャー」)、マイケル・ブラントデレク・ハース(「ワイルド・スピードX2」)、クレイグ・メイジン(「最‘狂’絶叫計画」)、ティム・ハーリヒー(「ビッグ・ダディ」)の計12名が所属している。フォックスは、彼らが執筆したオリジナル脚本を業界基準値よりも低い30万ドル(約3500万円)で購入できる代わりに、映画化が実現した場合は、興行収益の2.5%を支払うという仕組みだ。

ハリウッドでは映画監督や製作者に比べ、脚本家はクリエイティブ面で何の権限も与えられず、使い捨てのように扱われているとの認識が広まっており、「ER」のクリエイターであるジョン・ウェルズが立ち上げた“Writers Co-Op”や、クリストファー・マッカリー(「ユージュアル・サスペクツ」)やジョン・リドリー(「Uターン」)ら12名の脚本家から成る“1・3・9”など、自衛のためのさまざまな動きが起きているが、メジャースタジオと大型契約を取り付けたグループは、今回のライティング・パートナーズが初めてのこと。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi