小雪が吸血鬼に!チョン・ジヒョンと“日韓美女対決”が実現 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月15日 > 小雪が吸血鬼に!チョン・ジヒョンと“日韓美女対決”が実現
メニュー

小雪が吸血鬼に!チョン・ジヒョンと“日韓美女対決”が実現

2007年8月15日 12:00

ブエノスアイレスでの撮影現場 主人公サヤを演じるチョン・ジヒョン「ラスト サムライ」

ブエノスアイレスでの撮影現場
主人公サヤを演じるチョン・ジヒョン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本のアニメーション作品を実写化する映画「BLOOD THE LAST VAMPIRE」(香港=フランス合作/08年公開)に、小雪が出演することが分かった。配給元のアスミック・エースが8月14日、発表した。小雪の海外映画への出演は、トム・クルーズの相手役を務めて話題となった「ラスト・サムライ」(03)以来。

BLOOD THE LAST VAMPIRE」は、人間の父とバンパイア(吸血鬼)の母の間に産まれた16歳の少女サヤが、セーラー服に日本刀といういでだちで、バンパイアをせん滅する戦いに身を投じるアクション・ホラー。オリジナル作は、00年にプロダクションI.Gが製作、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「イノセンス」の押井守が企画協力を務めた同名の中編劇場アニメーションで、05年にはTVシリーズとなる「BLOOD+」も放映された人気作品だ。

主人公サヤ役は、「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン。実写版オリジナルのキャラクターで、サヤと対立する、全てのバンパイアの種の起源とも言われる吸血鬼を、小雪が演じる。主なスタッフは、プロデューサーにビル・コン(「グリーン・デスティニー」「HERO」)、監督にロニー・ユー(「フレディVSジェイソン」「SPIRIT」)、アクション監督にクリス・ナオン(「キス・オブ・ザ・ドラゴン」)という布陣で、総製作費は42億円。アルゼンチンのブエノスアイレスと、中国の雲南省でロケが行われた。

小雪の出演は「クライマックスのアクションシーンに、アジアの美しい顔が欲しい」と、ナオン監督が「ラスト・サムライ」の小雪に白羽を立てたことがきっかけだという。小雪は「ジヒョンさんと共演してみたかったのが第一」と出演を快諾。ジヒョンも「『ラスト・サムライ』を観て、『この美しくてカッコイイ女性は誰だろう?』と、とても惹きつけられた。その小雪さんとの共演は嬉しい」と語っている。

共に黒髪のロングヘアーがトレードマークとも言える日韓の美女が、全編英語のアクション映画で“対決”する姿が、今から楽しみだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi