ウッディ・アレン&スコセッシ監督が亡くなった巨匠に追悼文 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月15日 > ウッディ・アレン&スコセッシ監督が亡くなった巨匠に追悼文
メニュー

ウッディ・アレン&スコセッシ監督が亡くなった巨匠に追悼文

2007年8月15日 12:00

[映画.com ニュース] ウッディ・アレン監督、マーティン・スコセッシ監督というアメリカを代表する2人の巨匠が、先頃相次いで亡くなったイングマール・ベルイマン監督、ミケランジェロ・アントニオーニ監督を偲ぶ追悼文を寄稿した。

先月、89歳でこの世を去ったスウェーデン人監督ベルイマンに対し、ウッディ・アレン監督は「温かみに溢れ、愉快で、ジョークを絶やさない人物だった」とニューヨーク・タイムズ紙にコメント。また、同紙の別の紙面では、マーティン・スコセッシ監督が、7月末に94歳で死去したイタリアのミケランジェロ・アントニオーニ監督に追悼文を寄稿。アントニオーニ監督の1960年の作品「情事」が、「これまでの映画人生で受けたショックのなかで、もっとも深遠なもののひとつだった」と振り返っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi