小林政広監督作「愛の予感」、ロカルノ映画祭グランプリ受賞! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月13日 > 小林政広監督作「愛の予感」、ロカルノ映画祭グランプリ受賞!
メニュー

小林政広監督作「愛の予感」、ロカルノ映画祭グランプリ受賞!

2007年8月13日 12:00

[映画.com ニュース] 曽利文彦監督の3DCGアニメ「ベクシル 2077日本鎖国」のワールドプレミアで8月1日に開幕したスイスの第60回ロカルノ国際映画祭が、8月11日に閉幕した。コンペティション部門に出品されていた小林政広監督・脚本作品「愛の予感」が最高賞である金豹賞グランプリに輝き、CICA賞(国際芸術映画評議連盟賞)、ヤング審査員賞、ダニエル・シュミット賞も同時受賞、4冠を達成した。日本映画の金豹賞グランプリ受賞は、実相寺昭雄監督の「無常」以来37年ぶりのこと。

同作は、小林監督の長編第10作目。実際に起こった少女の同級生殺しをモチーフに、一人娘を同級生に刺殺された父親(小林政弘)と、加害者の母親(渡辺真起子)の偶然の出会いと愛にあふれた交流を、冒頭のインタビューシーン以外にほとんどセリフなしで描く意欲作。今年11月下旬よりポレポレ東中野にて公開される。

また、監督・脚本作品「Slipstream」を出品したサー・アンソニー・ホプキンスに、同映画祭から金豹賞名誉賞が贈られた。主演男優賞はミシェル・ピッコリ(フランス)とミケーレ・ベニトゥッチ(イタリア)、主演女優賞はマリアン・アルバレス(スペイン)。フランク・オズ監督のイギリスのコメディ「Death at a Funeral」が観客賞を受賞した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi