「燃えよドラゴン」にリメイク企画発覚。フィルムノワール風に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月13日 > 「燃えよドラゴン」にリメイク企画発覚。フィルムノワール風に?
メニュー

「燃えよドラゴン」にリメイク企画発覚。フィルムノワール風に?

2007年8月13日 12:00

オリジナルを超えるのは至難…「燃えよドラゴン」

オリジナルを超えるのは至難…
Photo:PELE COLL/STILLS/Gamma/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気TV刑事ドラマ「ザ・シールド/ルール無用の警察バッジ」(AXNで放送中)の製作総指揮・脚本家を務めるカート・サッターが、ブルース・リーの名を世界に轟かせた73年のカンフー映画「燃えよドラゴン」のリメイク作の脚本・監督を務めることが分かった。

武道家たちが孤島に集まる武道大会をメインプロットにしたオリジナルとは異なり、タイトルも「Awaken The Dragon」となり、少林拳の使い手である悪僧を追うFBI捜査官を描くストーリーになる模様。カンフー映画にフィルムノワールのテイストを加えたアクション映画だそうで、サッター監督は「格闘シーンの激しさや獰猛さという点では『グリーン・デスティニー』より『レイジング・ブル』風に作りたい」と抱負を語る。

サッターは自他共に認めるフィルムノワールの大ファンで、出世作となった「ザ・シールド」にもその影響は大いに見られる。08年以降に公開される「パニッシャー」の続編「The Punisher 2」、ワーナー映画のスリラー「The Unforgettable」、ジョエル・シュマッカー監督の「Inland Saints」の脚本を執筆するなど活動の場をTVから映画へシフトしつつある。今回の「Awaken The Dragon」で、めでたく監督デビューを飾る。

ブルース・リー最高傑作のリメイク作だけにキャスティングが注目を集めそうだが、サッターは、少林寺の僧侶役としてマーシャルアーツ系のスターではない新人を発掘し、FBI捜査官にはアメリカのスター俳優を起用するという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi