CTUからFBIへ!「24」プロデューサーの次回作はFBIドラマ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月10日 > CTUからFBIへ!「24」プロデューサーの次回作はFBIドラマ
メニュー

CTUからFBIへ!「24」プロデューサーの次回作はFBIドラマ

2007年8月10日 12:00

J・バウアー級のヒーローを作る!? (ブライアン・グレイザー)「アポロ13」

J・バウアー級のヒーローを作る!?
(ブライアン・グレイザー)
Photo:Jerry Watson
/Camera Press/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米FOXチャンネルで人気TVシリーズ「24」を手掛けるイマジン・エンタテインメントが、米連邦捜査局(FBI)を舞台にした新ドラマを同局で制作することになった、と米バラエティ紙が報じた。

同シリーズは、イマジンのパートナーで、ハリウッドの有力プロデューサーであるブライアン・グレイザーが長年温めていた企画で、FBI通として知られるグレイザーの情熱が認められて、FBIの全面協力のもとに制作されることになったというもの。

アポロ13」や「バックドラフト」といったヒーロー映画も手掛けているグレイザーは同紙に、「ヒーローたちを描いた映画を作るのが好きだ。自分を犠牲にして市や州や世界を守ろうとする彼ら(FBI捜査官)の意志に興味があるんだ」とTV制作の理由を説明している。

内容的には、イラク戦争を体験した退役軍人がFBI内の“緊急事態特別対応班”(Critical Incidents Response Group)のリーダーとして活躍するというストーリーらしい。ポスト9・11時代のFBI捜査官の葛藤を群像劇スタイルで描いていくというから、「24」のジャック・バウアー同様の、ヒーローの活躍が期待できそうだ。なお、エグゼクティブプロデューサーは「チェンジング・レーン」の脚本家として知られるチャップ・テイラーとのこと。全米では「24」と同じ放送時間枠で、08年秋からの放送開始を目指しているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi