ロザリオ・ドーソンがケビン・スミス監督作のポルノ女優役をパス : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月10日 > ロザリオ・ドーソンがケビン・スミス監督作のポルノ女優役をパス
メニュー

ロザリオ・ドーソンがケビン・スミス監督作のポルノ女優役をパス

2007年8月10日 12:00

スケジュールの問題だけ? (「デス・プルーフ in グラインドハウス」の ロザリオ・ドーソン)「ディスタービア」

スケジュールの問題だけ?
(「デス・プルーフ in グラインドハウス」の
ロザリオ・ドーソン)
(C) 2007 The Weinstein Company
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クエンティン・タランティーノ監督の新作「デス・プルーフ in グラインドハウス」(日本公開9月1日)でもセクシーな魅力をアピールしているロザリオ・ドーソンが、オファーされていたケビン・スミス監督の新作「Zack And Miri Make a Porno」のポルノ女優役を拒否したとMTV.comが報じた。

同作は、親友同士の2人の男女がポルノ業界へ身を投じていく姿を描いたコメディで、かねてからスミス監督はドーソンを、ポルノ女優になる女性役の主人公に据えるという構想を明らかにしていたが、ドーソンはD・J・カルーソー監督(「ディスタービア」)の新作スリラー「イーグル・アイ(Eagle Eye)」を選び、スケジュールの都合上出演を断念することになった。

これを受けたスミス監督は、「『ドグマ』でジョーイ・ローレン・アダムスのために書いた役は結局リンダ・フィオレンティーノが演じたし、『クラークス2/バーガーショップ戦記』で妻(ジェニファー・シュウォールバック)のために書いた役は最終的にロザリオ・ドーソンが演じた」と、彼女の出演を諦める意を発表した。

一方、ドーソンが出演を決めた「イーグル・アイ」は、スティーブン・スピルバーグ発案のポリティカルスリラーで、テロリストに仕立て上げられた青年と母親が、指令された暗殺計画のを遂行するというもの。「ディスタービア」に続き、シャイア・ラブーフが主演を務める。製作は11月から来年の3月にかけて行われる予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi