スピルバーグ監督大絶賛!製作費1800万円の音楽映画に全米騒然 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月10日 > スピルバーグ監督大絶賛!製作費1800万円の音楽映画に全米騒然
メニュー

スピルバーグ監督大絶賛!製作費1800万円の音楽映画に全米騒然

2007年8月10日 12:00

「ONCE ダブリンの街角で」 この2人のユニットのレコードも発売中!「ONCE ダブリンの街角で」

「ONCE ダブリンの街角で」
この2人のユニットのレコードも発売中!
(C)2007 Samson Films Ltd.
and Summit Entertainment N.V.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 製作費わずか15万ドル(約1800万円)のインディペンデント映画「ONCE ダブリンの街角で」(原題Once)が、全米映画界を賑わせている。今年のサンダンス映画祭観客賞(ワールドシネマ部門)を受賞した同作は、元ミュージシャンの“新人”ジョン・カーニー監督・脚本作品。アイルランドのダブリンを舞台に、男女のミュージシャンのラブストーリーを描いた音楽映画で、わずか140スクリーンでの限定公開にも関わらず、既に650万ドル(約7.7億円)も稼ぐというスマッシュヒットを記録しているのだ。

全米の批評家も、「レミーのおいしいレストラン」や「ボーン・アルティメイタム」などに匹敵するとすこぶる高評価。映画監督の中でもファンが急増しつつあり、舞台となったダブリン出身のニール・ジョーダン監督(「クライング・ゲーム」「ブレイブ ワン」)はもちろん、あのスティーブン・スピルバーグ監督も「『ONCE ダブリンの街角で』のような小規模映画が、今から年末まで持続するほどたくさんのインスピレーション与えてくれた」と大絶賛。

ダブリンといえば、U2のボノら多くのミュージシャンを輩出した街で、アラン・パーカー監督の音楽映画「ザ・コミットメンツ」(91)の舞台にもなっているが、主演のグレン・ハンサードは何と、そのR&Bバンド、ザ・コミットメンツのギタリストを演じていた人物。さらにハンサードがリードボーカルを務めるロックバンド、ザ・フレームスは、間もなく始まるボブ・ディランのオセアニアツアーの前座に決定するなど、音楽界も注目している。

同作を全米配給するフォックス・サーチライトは、これまで手掛けた「サイドウェイ」や「リトル・ミス・サンシャイン」などと同様、口コミを広げて大ヒットにつなげることを狙っているという。日本ではショウゲート配給で、渋谷シネアミューズほかで10月下旬からロードショーされる予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi