中国人少女の骨格標本購入!?マリリン・マンソンが訴えられる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月9日 > 中国人少女の骨格標本購入!?マリリン・マンソンが訴えられる
メニュー

中国人少女の骨格標本購入!?マリリン・マンソンが訴えられる

2007年8月9日 12:00

骨格標本を何に使うの?

骨格標本を何に使うの?
Photo:Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[eiga.com 音楽ニュース] 過激な容姿とパフォーマンスで何かと物議を醸すミュージシャン、マリリン・マンソンが元バンド・メンバーから2000万ドル(約24億円)とも言われるバンドの利益をめぐって訴えられた。

キーボーディストのマドンナ・ウェイン・ゲイシー(本名ステファン・ビア)は、マンソンが20年近くにわたり、しかるべき支払いを怠っていたと主張。さらには、マンソンがバンドで共有すべき利益を、自宅や薬物依存のリハビリ、ナチス関連物の収集など私的なことに使用していたと説明している。 一方のマンソンは、MTVの取材に対して「(今回の)告発はバカげている」と反論、「俺の人格を否定し、私利私欲のために起こした訴えだとしか思えない」と語っている。

訴訟に関する法的文書によると、マンソンは人間の皮膚で作られたアフリカの仮面や、4歳の中国人少女や17世紀に車椅子で生活をしていた男性の骨格標本も購入したとされている。しかし、マンソンは「俺は中国人少女の骨格標本なんかに金は使わないよ。さすがにそれはやり過ぎってもんだろう。言っておくけど、あれは中国人少年の標本だからな」と明かしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi