“監督”ロバート・デ・ニーロ初来日!「グッド・シェパード」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月9日 > “監督”ロバート・デ・ニーロ初来日!「グッド・シェパード」会見
メニュー

“監督”ロバート・デ・ニーロ初来日!「グッド・シェパード」会見

2007年8月9日 12:00

今年2月には「NOBU」のレセプションで来日してました (左から)ロバート・デ・ニーロ、花束贈呈した菊地凛子「グッド・シェパード」

今年2月には「NOBU」のレセプションで来日してました
(左から)ロバート・デ・ニーロ、花束贈呈した菊地凛子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ゴッドファーザー PARTII」「レイジング・ブル」で2度のアカデミー賞を受賞し、現代最高の名優と謳われるロバート・デ・ニーロが、製作・監督・出演の一人3役を務めた新作「グッド・シェパード」のPRのため来日。8月8日、東京・六本木の東京ミッドタウンホールにて来日記者会見を行った。デ・ニーロの映画監督としての来日は初めてとなる。

監督作としては「ブロンクス物語/愛につつまれた街」(93)以来、実に13年ぶりとなる本作は、アメリカが誇る世界最大の諜報機関であるCIAの誕生秘話と、そこに身を投じた一人の男の葛藤を壮大なスケールで描いた人間ドラマだ。

監督第2作である本作を完成させるまでにこれほど長くかかった理由を聞かれたデ・ニーロは、「この企画に取り掛かったのは8、9年前。私はCIA設立後を描いた別のストーリーを企画として持っていたが、それを脚本家のエリック・ロス(『インサイダー』『フォレスト・ガンプ/一期一会』)に持ちかけたところ、彼も同じくCIA関係の“この企画”を持っていた。そこでエリックから、“もし君が僕の書いたシナリオを監督してくれるなら、君が持っているCIA設立後のストーリーを『グッド・シェパード』第2章としてシナリオを書いてもいいよ”と持ち掛けられたわけだ。それだったら、自分の企画を脇に置いて、エリックの書いた『グッド・シェパード』を監督した方がいいと考えた。そんな紆余曲折を経たためにここまで長くなってしまったんだ」と話し、続編の企画があることも明かした。

本作のために集まったマット・デイモンアンジェリーナ・ジョリージョン・タトゥーロウィリアム・ハートジョー・ペシなどの豪華キャストも話題だが、そのキャスティングについて聞かれると「キャスティングは私の映画製作において、最も重要な仕事。正しいキャスティングをしないと自分が現場で苦労する。タトゥーロの役は最初から彼に決めていた。また、マットの役は最初、レオナルド・ディカプリオにやってもらうつもりだったが、彼が忙しくて無理だった。そこでマットにお願いしたんだが、彼は『ディパーテッド』の撮影の後、すぐに駆けつけてくれて、とても素晴らしい演技をしてくれた。おまけに普段より少ないギャラで出演してくれたんだよ(笑)」と語り、普段とは反対のキャスティングの苦労話を告白した。「グッド・シェパード」は10月全国ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi