トム・ハンクスが、F・ダラボン監督の「華氏451」リメイク版に主演? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月8日 > トム・ハンクスが、F・ダラボン監督の「華氏451」リメイク版に主演?
メニュー

トム・ハンクスが、F・ダラボン監督の「華氏451」リメイク版に主演?

2007年8月8日 12:00

ダラボン監督なら 間違いない「華氏451」

ダラボン監督なら
間違いない
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」で知られるフランク・ダラボン監督が長年温めている「華氏451」の再映画化企画は、いよいよキャスティングの段階に入り、トム・ハンクスが主演するのではないかと噂されている。

オリジナル版「華氏451」は、SF作家レイ・ブラッドベリによる同名小説を、フランソワ・トリュフォー監督が66年に映画化したもの。活字の存在しない未来の監視社会を舞台に、書物の捜索と焼却にあたる焚書官(消防夫)の主人公ガイ・モンターグが、クラリスという女性と出会ったことから自らの仕事に疑問を持つというストーリー。ハンクスは、トリュフォー版でオスカー・ウェルナーが演じた焚書官のモンターグを演じるという。ダラボン監督は、ハンクスと「グリーンマイル」で一緒に仕事をしており、実現の可能性は高そうだ。

なお、ダラボン監督は現在、お得意のスティーブン・キングの短編小説を原作とした映画「霧(The Mist)」(11月21日全米公開)のポストプロダクションの真っ最中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi