J・キャメロン監督の新作SFを、往年のリプリー役S・ウィーバーが絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月6日 > J・キャメロン監督の新作SFを、往年のリプリー役S・ウィーバーが絶賛
メニュー

J・キャメロン監督の新作SFを、往年のリプリー役S・ウィーバーが絶賛

2007年8月6日 12:00

キャメロン監督とは21年ぶり!「エイリアン2」

キャメロン監督とは21年ぶり!
Photo:Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督がデジタル3Dで描くSF超大作「アバター(Avatar)」に出演中のシガニー・ウィーバーが、同作について「素晴らしい映画よ。かなり野心的で、ロマンチックで、泣きそうになる」と絶賛した。

同作のタイトル“アバター”はゲームやネットでおなじみになった“分身”のこと。ストーリーは未発表だが、戦闘で負傷した海軍兵士ジェイクが“アバター”を使って、地球とは全く異なる文化を持つ惑星パンドラで暮らすが、その惑星で起こった新たな戦闘に巻き込まれるというものらしい。かつてキャメロン監督が「一つの惑星の歴史や文化を丸ごと創造することに興奮している」と語ったほどの意欲作。

主人公ジェイクを演じるのは、「タップ・ドッグス」などオーストラリア映画界で活躍する31歳の若手サム・ワーティングトン。「エイリアン2」(86)でリプリーを演じて以来久々にキャメロン監督作に出演するウィーバーは、彼を導いていく植物学者という重要なパートを演じるとか。「複数のストーリーが並行して展開する構成で、若者たちと中年たちのドラマが同時に進行する。私の出演シーンはほとんどジェイクと一緒。2人はとてもラブリーな関係なの」と発言。

また米バラエティ紙では、追加の出演者を発表。「ブルークラッシュ」や人気TVシリーズ「LOST」(アナ・ルシア役)のミシェル・ロドリゲスが元海兵隊パイロット役で、「Re:プレイ」などの名脇役スティーブン・ラングが惑星パンドラでのオペレーションを指揮する海兵隊大佐役で出演する。「エイリアン2」のオーディションで惜しくも落ちたラングを、キャメロン監督は忘れていなかったようだ。

本作は既に俳優陣によるモーション・キャプチャー撮影が進められているが、この秋10月からニュージーランドのWETAデジタルでVFX映像の製作を開始。09年5月22日の全米公開を予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi