フジロックの常連ケミカル・ブラザーズ、ラーメンをめぐって怒り爆発! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月2日 > フジロックの常連ケミカル・ブラザーズ、ラーメンをめぐって怒り爆発!
メニュー

フジロックの常連ケミカル・ブラザーズ、ラーメンをめぐって怒り爆発!

2007年8月2日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] 今年のフジロック・フェスティバル(7月27日~29日)で大トリを務めたケミカル・ブラザーズ。フジロックの常連であり、食べ物の屋台が集まるオアシス・エリアを、長身の2人が闊歩する姿もすっかりお馴染みとなっている。

そんなフジロックを知り尽くしたケミカル・ブラザーズの怒りを爆発させる出来事があった。それは、苗場プリンスホテル別棟に出店されているはずのお気に入りのラーメン屋がなくなっていたこと。「なんでないんだ!? あそこのラーメンが食べたかったのに!」と楽屋に戻るなり絶叫していたようだ。

この2人の怒りに賛同したのは、大のラーメンマニアである新人リリー・アレン。以前、俳優の父キース・アレンと一緒にフジロックを訪れたことのある彼女も、同じラーメン屋のファンだったそう。このラーメンだが、日本人関係者に言わせると「そこまで美味しいか……?」という程度の味らしい。

ところでこのリリー、新人らしからぬ奔放な態度と発言で注目されているが、2日目のトリを務めたビースティ・ボーイズに挨拶しようと、彼らの楽屋で一服しながら待っていたとのこと。ビースティの楽屋は本来禁煙だが、パフォーマンスを終え、楽屋に戻ってきた彼らは笑顔で彼女を歓迎したという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi