早くもラジー賞大本命!リンジー・ローハンの新作に酷評の嵐 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月31日 > 早くもラジー賞大本命!リンジー・ローハンの新作に酷評の嵐
メニュー

早くもラジー賞大本命!リンジー・ローハンの新作に酷評の嵐

2007年7月31日 12:00

[映画.com ニュース] 連日ゴシップ誌に話題を提供する“お騒がせ女優”リンジー・ローハンが、二重人格の女子高生を演じる新作スリラー「I Know Who Killed Me」が、彼女が逮捕された週の週末7月27日に全米公開され、酷評の嵐に晒されている。

本作でリンジーが演じるのは、作家としてもピアニストとしても将来有望な高校生オーブリー・フレミング。ところがある夜、友人たちと出掛けた彼女は失踪し、暴漢によって拷問されるハメに。何とか逃れて瀕死の状態で生還するが、意識が戻った彼女は自分をストリッパーだと錯覚してしまう。そんなナンセンスなストーリーだけに、映画評論家向けの試写会も行われずに公開されたが、結果は惨憺たるものだった。米レビューサイトのRotten Tomatoesでわずか7%(100%が満点)、Metacriticで18点(100点満点)と酷評だらけ。

リンジーは、「ミーン・ガールズ」「ラッキー・ガール」などのスマッシュヒット作に主演し、女優としてもある程度高い評価を得ていたが、本作の失敗でそのキャリアも完全に暗礁に乗り上げた。双子を演じた「ファミリー・ゲーム/双子の天使」や、母と心と体が入れ替わってしまう「フォーチュン・クッキー」が成功したことで、今回も十八番の二重人格演技にチャレンジしたと思われるが、完全に裏目に出たかたち。本作で早くも今年度のラジー賞の大本命。叩かれてばかりの私生活同様に、女優リンジーも大ピンチだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi