アンジェリーナがヌードに?「ベオウルフ」R指定予告編が出た! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月31日 > アンジェリーナがヌードに?「ベオウルフ」R指定予告編が出た!
メニュー

アンジェリーナがヌードに?「ベオウルフ」R指定予告編が出た!

2007年7月31日 12:00

ブラピは怒らない?「ロード・オブ・ザ・リング」

ブラピは怒らない?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 11月7日からIMAXなどで全米公開されるロバート・ゼメキス監督のファンタジー映画「ベオウルフ(Beowulf)」の予告編(英語)が、7月29日まで開催されていた米サンディエゴのComic-Con(コミコン)で公開された。その予告編が米レーティングでR指定に相当するほどかなりセクシーな出来栄えで、ネットで話題になっている。

同作は、「ロード・オブ・ザ・リング」の原作であるファンタジー文学の最高峰、J・R・R・トールキンの「指輪物語」に多大な影響を与えたと言われるゲルマンの英雄叙事詩を、「スターダスト」(今秋日本公開)の原作者ニール・ゲイマン(「もののけ姫」の英語版脚本を担当)と、「パルプ・フィクション」の原案者ロジャー・エイバリーが脚色したことで話題になっている。

ストーリーは、全能の戦士ベオウルフ(レイ・ウィンストン)が、魔神グレンデル(クリスピン・グローバー)を退治するが、その母(アンジェリーナ・ジョリー)の復讐に遭い、壮絶な死闘が繰り広げられるというもの。さらにフロースガール王役がアンソニー・ホプキンスで、他にもロビン・ライト・ペン、ジョン・マルコビッチらが出演するオールスター巨編。

予告編の見ものは、ライブアクションとアニメーションがごった煮になったゼメキス監督お得意のファンタジー・ワールドだが、お楽しみは最後のほうにやってくる。何と、グレンデールの母を演じるアンジェリーナが、ほんの一瞬だが、裸体を晒して現れるのだ。彼女がヌードを披露するのは「ポワゾン」(01)以来となる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi