カリフォルニア・ワインの世界的成功の秘話を実話映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月23日 > カリフォルニア・ワインの世界的成功の秘話を実話映画化
メニュー

カリフォルニア・ワインの世界的成功の秘話を実話映画化

2007年7月23日 12:00

[映画.com ニュース] アメリカ建国200年の記念行事で、仏米のワインをテイスティングする76年の“パリ対決”で、モンラッシェやムルソーといった老舗銘柄を押さえて白ワイン部門の第1位に輝いたのは、カリフォルニア・ナパバレーの“73年シャトー・モンテリーナ”だった(赤ワイン第1位も“73年スタッグス・リーブ・ワインセラーズ”)。これにより安ワインの産地と見なされていたカリフォルニアは、ワイン銘醸の地として世界的に有名になった。

米ハリウッド・レポーター紙によると、70年代を舞台に、そのモンテリーナ・ワイナリーが“パリ対決”に勝ち、カリフォルニア・ワイン隆盛の時代を築くまでを描く実話ストーリー「Bottle Shock」が製作されるという。

監督・共同脚本は「ゴーストブラザー/天国から来たヒーロー」「ビューティフルメモリー」のランドール・ミラークリス・パイン(「ラッキー・ガール」)がワイナリーを救うオーナーの息子で、ビル・プルマン(「インデペンデンス・デイ」)がその父。レイチェル・テイラー(「トランスフォーマー」)がワイン醸造を学ぶ大学生、エリザ・ドゥシュク(「クライモリ」、TV「TRU CALLING トゥルー・コーリング」)が地元のバーテンダー、アラン・リックマン(「ハリー・ポッター」シリーズのスネイプ先生)がイギリス人ワイン評論家に扮する。撮影は8月1日にカリフォルニア・ワインの名産地、ナパとソノマでスタートする。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi