ドイツ五ツ星シェフ監修の“官能料理”が登場!「厨房で逢いましょう」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月20日 > ドイツ五ツ星シェフ監修の“官能料理”が登場!「厨房で逢いましょう」
メニュー

ドイツ五ツ星シェフ監修の“官能料理”が登場!「厨房で逢いましょう」

2007年7月20日 12:00

「厨房で逢いましょう」 (左から)フランク・エーラー、ミヒャエル・ホーフマン監督、 松尾幸造氏「厨房で逢いましょう」

「厨房で逢いましょう」
(左から)フランク・エーラー、ミヒャエル・ホーフマン監督、
松尾幸造氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 料理で伝える愛情を描いた映画「厨房で逢いましょう」の料理イベントが、7月19日、東京・渋谷の有名フランス料理店「シェ松尾 青山サロン」で行われ、監督のミヒャエル・ホーフマンと、作品内の料理を監修したドイツの五ツ星シェフ、フランク・エーラーが来日。映画に登場するオリジナルの“官能料理”「エロチック・キュイジーヌ」を再現し、取材に訪れたマスコミ陣に艶やかな料理が振舞われた。

次々と運ばれてくる色鮮やかな料理に感嘆の声が漏れる中、会場となった「シェ松尾」のオーナーである松尾幸造氏も登場して、和やかな雰囲気でイベントは進行。映画は、人付き合いが苦手な天才シェフ、グレゴアがウエイトレスとして働く平凡な主婦エデンに恋をし、店の看板メニューである「エロチック・キュイジーヌ」を彼女に振舞うことで、心を通わせていくという大人の恋の物語。

シェフのエーラーは、「作品内に登場する“エロチック・キュイジーヌ”はすなわち“情熱、ハート、愛”を表しています。料理は日常に埋もれてしまった感覚を取り戻す役割を果たします。私は主人公グレゴアには似ていませんが、料理人としての姿勢や本質は彼と同じです」と語り、続いてホーフマン監督は「日本の皆さんには本作に心を開いていただき、大変嬉しく思います。ついでに(映画を見ながら)口も開いていただければ」と挨拶して笑いを誘った。

厨房で逢いましょう」は8月下旬、全国順次ロードショー。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi