シャマラン監督新作に、名子役アビゲイル嬢の兄が出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月20日 > シャマラン監督新作に、名子役アビゲイル嬢の兄が出演
メニュー

シャマラン監督新作に、名子役アビゲイル嬢の兄が出演

2007年7月20日 12:00

[映画.com ニュース] M・ナイト・シャマラン監督の新作「ザ・ハプニング(The Happening)」のキャストの、最後のピースがようやく決まったようだ。

20世紀フォックスが配給する同作は、人類が引き起こした環境破壊がきっかけとなって起きる自然災害を描くパニック映画。主人公の教師をする父親をマーク・ウォールバーグ(「ディパーテッド」)、母親をズーイー・デシャネル(「あの頃ペニー・レインと」)が演じることは既に決まっていたが、今回、新たに主人公の親友役にジョン・レグイザモ(「ロミオ&ジュリエット」)、夫婦の息子役に「リトル・ミス・サンシャイン」でアカデミー助演女優賞にノミネートされた名子役アビゲイル・ブレスリンの実兄で、「キッド」では8歳のブルース・ウィリスを演じたスペンサー・ブレスリンが決定した模様。

「ザ・ハプニング」は8月にシャマラン監督の地元フィラデルフィアでクランクインし、来月6月13日に世界公開される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi