「魔笛」のケネス・ブラナー監督、モーツァルトへの恨みは無し : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月20日 > 「魔笛」のケネス・ブラナー監督、モーツァルトへの恨みは無し
メニュー

「魔笛」のケネス・ブラナー監督、モーツァルトへの恨みは無し

2007年7月20日 12:00

「魔笛」ケネス・ブラナー監督「ハムレット」

「魔笛」ケネス・ブラナー監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 監督デビュー作「ヘンリー5世」から「から騒ぎ」、そして「ハムレット」まで、多くのシェイクスピア作品を映画化してきたことで知られるケネス・ブラナーが今度はモーツァルトの「魔笛」を映画化。公開を前に、PRのために来日したブラナーに話を聞いた。

若かりしケネス・ブラナーがモーツァルト役を志願していながら落とされた映画といえばミロス・フォアマン監督のアカデミー賞受賞作「アマデウス」(84)。今回の「魔笛」の映画化に際してモーツァルトへの複雑な思いがあるのかを聞いてみると「あれは82年頃だったかな。当時『アナザー・カントリー』の舞台に出ていたんだけど、近くの劇場でゲイリー・オールドマンティム・ロスルパート・エベレットたちが芝居をしてたんだ。あと、『アナザー・カントリー』の引き継ぎでダニエル・デイ=ルイスも一緒だったかな。とにかく、舞台がはねた後に近くのパブで一緒に飲みながら“おれたち映画に出られるのかな?”なんてよく話していたんだ(笑)。そこで、ルパートに“君がもしモーツァルト役を獲ったら、世界が変わるよ”なんて言われていい気になったのがいけなかったのか、モーツァルト役を落とした上に、映画版『アナザー・カントリー』の主役も落としたんだ。これは結局コリン・ファースに獲られて、今でも会う度に彼をからかってるよ(笑)。その後、僕が『フランケンシュタイン』(93)を撮ったときに『アマデウス』でモーツァルトを演じたトム・ハルスが出演してくれたんだけど、彼が素晴らしくいい奴でね。もし、僕の中でモーツァルトに関して何かわだかまりがあったとすれば、トムと出会ったときに消えているよ」とモーツァルトへの因縁を否定した。

97年の監督・主演作「ハムレット」以降は、俳優業より監督業に重きを置いているかのようなブラナーだが、今後について聞いてみると「確かに『ハムレット』以降は変わったかもしれない。ハムレットは映画になるまで15年以上舞台で演じ続けていたから、ある種の疲れはあったかもね。あの後、監督業にシフトしたような感じもするけど、そろそろ俳優業の方を積極的にやっていきたいと思ってるんだよ」と語ってくれた。「魔笛」は絶賛上映中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi