スピルバーグ監督がベトナム反戦運動を描く政治映画に挑戦! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月17日 > スピルバーグ監督がベトナム反戦運動を描く政治映画に挑戦!
メニュー

スピルバーグ監督がベトナム反戦運動を描く政治映画に挑戦!

2007年7月17日 12:00

「ミュンヘン」を超えるか?

「ミュンヘン」を超えるか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 現在「インディ・ジョーンズ4」を撮影中のスティーブン・スピルバーグ監督の新作候補が浮上している。スピルバーグは、ドリームワークスが近く製作する「The Trial of the Chicago 7(シカゴ・セブン裁判)」の監督を希望していると、米バラエティ紙が報じた。

“シカゴ・セブン”とは、1968年8月のイリノイ州シカゴで行われた民主党全国大会でベトナム反戦デモを行い、逮捕され起訴された7名のこと。7人の中にはイッピー(青年国際党支持者)のアビー・ホフマンやジェリー・ルービン、ブラックパンサー党のボビー・シールらがおり、この裁判ではノーマン・メイラー(ノンフィクション作家)やティモシー・リアリー(サイケデリック・カルチャーの教祖)など数多くの著名人が弁護側で発言して注目を集めた、68年当時の世相を表すアメリカ史の大事件と言える。

脚本は、人気TVシリーズ「ザ・ホワイトハウス」の製作総指揮と脚本を担当したアーロン・ソーキン。このたびドリームワークスと映画3本の脚本を執筆する契約を結んだ彼にとって、本作がその1作目になる。

ちなみに、ソーキンの最新作は、米CBSの報道番組「60ミニッツ」の元プロデューサー、ジョージ・クライルによるノンフィクション小説を脚色した作品で、トム・ハンクスジュリア・ロバーツ共演、マイク・ニコルズ監督のユニバーサル映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(Charlie Wilson's War)」(12月25日全米公開)。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi