「スーパーマン」続編にケビン・スペイシーの出演決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月13日 > 「スーパーマン」続編にケビン・スペイシーの出演決定!
メニュー

「スーパーマン」続編にケビン・スペイシーの出演決定!

2007年7月13日 12:00

ま、しょうがないな「スーパーマン」

ま、しょうがないな
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スーパーマン・リターンズ」で悪役レックス・ルーサーを演じたケビン・スペイシーが、09年全米公開予定の続編「Superman: The Man of Steel(スーパーマン:鋼鉄の男)」に続投することが明らかになった。

米バラエティ誌によると、 監督のブライアン・シンガーは最近スペイシーと面会し、出演を直接要請したという。スペイシーは現在、イギリスで群像劇映画「Telstar」の撮影中で、その後はユージン・オニールの舞台劇「日陰者に照る月」への出演が決まっているため、「スーパーマン」出演はその後になる。

一方、シンガー監督は、近々クランクイン予定のトム・クルーズ主演の戦争映画「ワルキューレ」の次に、ゲイの活動家ハーベイ・ミルクの伝記映画「The Mayor of Castro Street(カストロ通りの市長)」に取り掛かると伝えられてもいるが、「スーパーマン」の続編を先に撮るのではないかとの噂も流れている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi