ニコール・キッドマン主演作「オーストラリア」のロケ地が大洪水に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月4日 > ニコール・キッドマン主演作「オーストラリア」のロケ地が大洪水に!
メニュー

ニコール・キッドマン主演作「オーストラリア」のロケ地が大洪水に!

2007年7月4日 12:00

新婚なのに御難続き「ムーラン・ルージュ」

新婚なのに御難続き
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 豪州出身の2人、ニコール・キッドマンヒュー・ジャックマンが共演するバズ・ラーマン監督の新作ロマンス映画「オーストラリア(Australia)」。同映画のロケ地、西オーストラリア州クヌヌーラの邸宅が予期せぬ大洪水に遭い、ラーマン監督は撮影を一旦諦めるハメになった。7月1日付のシドニー・モーニング・ヘラルド紙に、ロケーション・マネージャーが語ったところによると「サハラ砂漠に突然豪雨が降ったようなものさ。全く予期できなかった」とのこと。ラーマン監督広報は、「スケジュールは大幅に延期されることになる」と語った。

同映画は、太平洋戦争の最中、日本軍によって行われたオーストラリア・ダーウィン湾の空襲を描いた戦争ロマン。ニコールとヒューとのラブロマンスの大部分のシーンは、洪水の被害に遭ったファーラウェイ・ダウンズで繰り広げられる予定だった。

主演のニコールとヒューは同地での撮影中断中、ダーウィンに寄って10日間以上の撮影をこなし、さらにシドニーに戻って室内シーンの撮影を済ませ、2週間待機することになる。6月の平均降水量10ミリリットルのこの地に、先月は100ミリリットルを超える記録的大雨が降ったわけだ。この被害により、クイーンズランド州ボーウェンのセット、ダーウィン湾の戦争シーンの再撮、さらにクヌヌーラに新たに建設する家屋を含めて、製作費は1億2000万豪ドル(約126億円)にまで膨らんでしまったという。

ラーマン監督の「ムーラン・ルージュ」の後、シャネルNo.5のCMに出演して話題になったニコールは最近、ニンテンドーDSのヨーロッパ版CM「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」(英国任天堂)でお茶目な姿を見せている。二コールは、この大洪水が沈静化するまで、DSで“脳トレ”しながら待機するしかないのか?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi