米アマゾンが、HD DVDのオンデマンドソフトを販売へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月3日 > 米アマゾンが、HD DVDのオンデマンドソフトを販売へ
メニュー

米アマゾンが、HD DVDのオンデマンドソフトを販売へ

2007年7月3日 12:00

[映画.com ニュース] 世界最大のインターネット販売網を持つ米アマゾン・コム社が、インディーズ系映画のHD DVDフォーマットになったDVDをオンデマンドで販売する、と米時間7月1日深夜に発表した。

まず初めに、インディーズ系映画約1000タイトルが同サービスの対象になるという。マイクロソフト社が提供するプログラムで、1枚のディスクに映画と特典映像がパッケージされたHDビデオがコピー可能になるという仕組み。同社のコンシューマー・メディア・テクノロジー・グループ副社長のアミール・マジメール氏によると、HD DVDの90%はマイクロソフトのエンコーディングとインタラクティブのプログラムが使われたもので、アマゾンのサポートを容易に出来るという。同氏は「我々はこのフォーマットを信じている。我々のプログラムとHD DVDはぴったりと合う」と相性を強調した。

同サービスで販売するため、既に300以上のタイトルの映画がオファーされ、ソニーが最大手のブルーレイDVD用の400以上のタイトルにもオファーされたという。

昨年からHD DVDとブルーレイDVDの次世代ディスクをめぐる戦いはヒートアップ。6月、全米最大のレンタルビデオ・チェーンのブロックバスター社が、ブルーレイ・ディスク(1450タイトル)のみのレンタルを公表したばかりで、HD DVD陣営の劣勢が伝えられていたが、今回のアマゾン・コムの強力な参入で、ユーザーにとっての次世代ディスク選びは余計難しくなった。

ハリウッドのメジャースタジオで、HD DVDのフォーマットのみをサポートするのは、HD DVDプレイヤーの販売に積極的なゼネラル・エレクトリック社が所有するユニバーサル・ピクチャーズだけ。タイム・ワーナー社の子会社ワーナー・ブラザースと、バイアコム社が所有するパラマウント・ピクチャーズの2社が両フォーマットに対応した次世代ディスクをリリースしている。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi