P・ジャクソン監督「ラブリー・ボーン」にライアン・ゴスリング出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月29日 > P・ジャクソン監督「ラブリー・ボーン」にライアン・ゴスリング出演
メニュー

P・ジャクソン監督「ラブリー・ボーン」にライアン・ゴスリング出演

2007年6月29日 12:00

[映画.com ニュース] 「ハーフ・ネルソン(Half Nelson)」の演技で、今年のアカデミー主演男優賞にノミネートされた、若手実力派俳優のライアン・ゴスリングが、ピーター・ジャクソン監督の「ラブリー・ボーン」に出演することが決定した。ゴスリングが演じるのは、レイプ犯に殺害される少女の父親役で、既に出演が決定しているレイチェル・ワイズと夫婦を演じることになる。撮影は今年10月から米ペンシルバニア州とニュージーランドで行われる。

ラブリー・ボーン」は、世界で1000万部を超えるベストセラー小説の映画化で、14歳で殺された少女スージーが天国からその後の家族を見守るという物語。脚本は、「ロード・オブ・ザ・リング」「キング・コング」を執筆したフィリッパ・ボウエンフラン・ウォルシュピーター・ジャクソン監督が手掛けている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi