ペネロペ・クルス、「ボルベール/帰郷」で“大人の色香”を発散! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月28日 > ペネロペ・クルス、「ボルベール/帰郷」で“大人の色香”を発散!
メニュー

ペネロペ・クルス、「ボルベール/帰郷」で“大人の色香”を発散!

2007年6月28日 12:00

32歳、女盛り!「ボルベール 帰郷」

32歳、女盛り!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 最新主演作「ボルベール/帰郷」で、06年カンヌ国際映画祭最優秀女優賞を受賞、今年のアカデミー主演女優賞にもノミネートされたペネロペ・クルスペドロ・アルモドバル監督の「オール・アバウト・マイ・マザー」(98)で一躍注目され、それ以降ハリウッドでも活躍するようになった彼女を、恩師アルモドバルが故国スペインで撮った本作は、監督曰く「ペネロペのために書いた脚本」らしく、その魅力が最大限に引き出されている。彼女は語る。

「脚本を読んで、恋に落ちたわ。キャラクターは過去にオファーされた役の中で最も複雑だったけれど、脚本は今まで読んだ中で最も美しいものだと思った。ペドロは芸術家で、常に変化し、進化している人。だから、最初に仕事をした頃と今回とでは、全てが違っていると言えるわ。私自身も変化しているけれど、互いに良く理解し合っていることには変わらないわ」

本作でペネロペが演じたのは、15歳の娘と失業中の夫を抱える女性ライムンダ。ある日、娘が誤って父親を殺害してしまい、娘を必死に守りぬくことを誓う彼女の目の前に、死んだはずの実の母親が突然現れ……。母として、女として、娘として、ライムンダは様々な感情と向き合いながらたくましく生きていく。

「今まではこの女性を演じられるほど、私自身、大人の女性ではなかったのかもしれない。でもこの役柄をオファーされて、とても幸運だったと思う。初めて大人の女を演じているという実感があったの。私も32歳になったし、人間のエネルギーって(年齢とともに)変わるものだから」

劇中では子持ちの母親を演じたが、その美しさは10年前と変わらない。

「うまく言えないけれど、人が美しく見えるのは、とにかく自分がすべきことをしている時だと思う。それが何であれ、自分の心に素直に従っている時ね。はっきりとは分からなくても、その人の目を見ると、何かが起こっていることが感覚で分かるような時よ。ほとんどの人にはそういうオーラがあると思う。32歳はまだ若いと思うし、82歳でも若い人は若い。どう人生を生きたかということだと思うわ」

ボルベール/帰郷」は6月30日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi