B・ベルトルッチ監督、今年のベネチア映画祭栄誉金獅子賞に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月21日 > B・ベルトルッチ監督、今年のベネチア映画祭栄誉金獅子賞に
メニュー

B・ベルトルッチ監督、今年のベネチア映画祭栄誉金獅子賞に

2007年6月21日 12:00

[映画.com ニュース] 「ラストエンペラー」(87)でオスカーを受賞したイタリア人監督ベルナルド・ベルトルッチが、今年の8月29日から9月8日まで開催される第64回ベネチア国際映画祭で栄誉金獅子賞を受賞することが、6月18日、映画祭事務局から発表された。

1932年に始まり、カンヌ、ベルリンとともに世界3大映画祭と呼ばれるベネチア映画祭で最高賞「金獅子賞」と同じ称号を持つ栄誉金獅子賞は、長年にわたって世界の映画をリードしてきた映画人に与えられる。過去にフェデリコ・フェリーニスティーブン・スピルバーグスタンリー・キューブリッククリント・イーストウッドといった巨匠が受賞しており、2年前に日本の宮崎駿監督も“巨匠”の仲間入りをしている。

イタリア・パルマに生まれた今年66歳のベルトルッチ監督は、20代前半で映画監督デビューし、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督に師事。その後、「暗殺の森」「ラストタンゴ・イン・パリ」(オスカー・ノミネート)といった数々の衝撃作を監督。撮影監督ビットリオ・ストラーロとともに映像の革新に努め、「ラストエンペラー」で作品賞・監督賞などを受賞した。しかし、ローマやロンドンを活動拠点にしていながらも、これまでヨーロッパの3大映画祭の主要賞とは縁遠く、今回が初めてのこと。

ベルトルッチ監督には映画祭最終日9月8日の授賞式で、金のライオンをかたどったトロフィーが贈られ、それを記念して71年の監督作品「暗殺のオペラ」完全修復版が上映される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi