「西遊記」の香取慎吾、本当は沙悟浄がやりたかった? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月20日 > 「西遊記」の香取慎吾、本当は沙悟浄がやりたかった?
メニュー

「西遊記」の香取慎吾、本当は沙悟浄がやりたかった?

2007年6月20日 12:00

[映画.com ニュース] 昨年1月からフジテレビで放映され人気を博したTVシリーズ「西遊記」の映画版が完成。6月18日、東京・有楽町の国際フォーラムにてワールドプレミアが開催され、主演の香取慎吾(孫悟空)、内村光良(沙悟浄)、伊藤淳史(猪八戒)、深津絵里(三蔵法師)、多部未華子澤田鎌作監督、イメージソング「旅人」を歌う高杉さと美が舞台挨拶を行った。

緑と水に恵まれた国“虎誠(フーチェン)”を砂漠にし、王と王妃を亀に変えてしまった金角と銀角に、三蔵法師一行が立ち向かう「西遊記」において最も有名な戦いを描いた本作。7月14日の公開前に行われる試写会はこのワールド・プレミアのみとあって、会場には4万人を超す応募者の中から選ばれた約5000名が来場した。中には子供たちの姿も多く見られ、彼らの熱い視線を受けて登場した孫悟空役の香取慎吾は、59カラットのダイヤが散りばめられた緊箍児(きんこじ)を頭に乗せ、純金製の如意棒(にょいぼう)を片手に、「超面白いです!」と作品の出来映えを自画自賛。

「他のキャラクターで演じてみたいのは?」との質問を受けると、香取は「僕はどう見ても明らかに悟空だけど、本当はクールで、いざという時に頼りになる(内村が演じた)沙悟浄をやってみたい」と意外なコメントで会場の笑いを誘った。しかし、最後には「みんなの反響が大きければ大きいほど、また悟空になれるかもしれない」と続編の可能性を匂わせて歓声を浴び、「ウトウトしてたら如意棒でガツンと行くからな」と如意棒を振り回し、すっかり悟空になりきっていた。

西遊記」は7月14日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi