ジェニファー・ハドソンやダニエル・クレイグらにアカデミー招待状 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月20日 > ジェニファー・ハドソンやダニエル・クレイグらにアカデミー招待状
メニュー

ジェニファー・ハドソンやダニエル・クレイグらにアカデミー招待状

2007年6月20日 12:00

[映画.com ニュース] 6月18日、アカデミー賞を選考する映画芸術科学アカデミーが、俳優や監督など115名の映画関係者に入会の招待状を配布したことを明らかにした。

新たに今年招待状が送られたのは、アカデミー賞に輝いたジェニファー・ハドソン(「ドリームガールズ」)、ウィリアム・モナハン(「ディパーテッド」脚本家)、マイケル・アーント(「リトル・ミス・サンシャイン」脚本家)をはじめ、エディ・マーフィ(「ドリームガールズ」)、ライアン・ゴスリング(「Half Nelson」)、スティーブ・カレル(「リトル・ミス・サンシャイン」)、J・J・エイブラムス監督(「M:i:III」)、ジェニファー・アニストン(「セックス・アンド・マネー」)、ダニエル・クレイグ(「007/カジノ・ロワイヤル」)、ポール・グリーングラス監督(「ユナイテッド93」)ら。

映画芸術科学アカデミーは映画芸術の発展を図るために1927年に創設された組織で、既存のメンバーの推薦があって初めて入会できる仕組みになっている。選考は俳優、美術、製作者などアカデミー内にある15の部門が独自に行い、1年につき最大で150人までの推薦が出来る。以前は、アカデミー賞にノミネートされた全ての人に招待状が送られていたが、会員が6000人を超えてからは、審査が厳しくなっているようだ。

ちなみに、アカデミーの各部門の委員長は、俳優部門キャシー・ベイツ、監督部門マイケル・マン監督、製作者部門キャスリーン・ケネディ、ビジュアル・エフェクト部門リチャード・エドランド、脚本家部門フィル・アルデン・ロビンソンと、その道の第一人者が担当している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi