クドカン喜劇「舞妓Haaaan!!!」は初日舞台挨拶も大爆笑の渦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月19日 > クドカン喜劇「舞妓Haaaan!!!」は初日舞台挨拶も大爆笑の渦
メニュー

クドカン喜劇「舞妓Haaaan!!!」は初日舞台挨拶も大爆笑の渦

2007年6月19日 12:00

満員御礼でみんな上機嫌 (左から)小出早織、堤真一、柴咲コウ、 水田伸生監督、宮藤官九郎「舞妓Haaaan!!!」

満員御礼でみんな上機嫌
(左から)小出早織、堤真一、柴咲コウ、
水田伸生監督、宮藤官九郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「木更津キャッツアイ」シリーズなどで大人気の脚本家、宮藤官九郎が“一見さんお断り”という舞妓の世界に初めて挑んだ注目のコメディ「舞妓Haaaan!!!」。6月16日、日劇2にて初日舞台挨拶が行われ、宮藤と、出演した阿部サダヲ柴咲コウ堤真一、小出早織、監督の水田伸生が登場した。

最初に、本作で映画初主演を果たした阿部が「とにかく笑っていただければ本当に嬉しいです」とコメディアンらしく挨拶。これまでにないコミカルな役柄を演じた堤も、映画と同じ関西弁で軽快なトークを展開し、粋な着物姿の柴咲に見とれていた阿部にツッコミを入れるなどして、会場を盛り上げた。

続いてマイクを手にした宮藤が「えー、おはようございまーす」と間延びした口調で話し始めると、「テンション低い!」と今度は客席からツッコミが。また、「お茶屋のしきたりなどを書くにあたって何を参考にしたか」という問いには「観光ガイド(の本)とか読んで、インターネットを見ただけ。京都には行っていません」と率直に答え、「まあ、木更津にもあんまり行かなかったですし」と続けて、観客を爆笑させた。さらに、「宮藤さんは青島幸男さんの後継者」とヨイショした水田監督に対して「(最後は)都知事ですね」とワル乗りして返答した宮藤は、自身の脚本世界とは裏腹のローテンションぶりで、逆に笑いをぶちまけていた。

舞妓Haaaan!!!」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi