リュック・ベッソン来日、監督引退宣言に心変わりなし! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月15日 > リュック・ベッソン来日、監督引退宣言に心変わりなし!
メニュー

リュック・ベッソン来日、監督引退宣言に心変わりなし!

2007年6月15日 12:00

本当にこれが最後の3部作!? 「アーサーとミニモイの不思議な国」リュック・ベッソン監督「アーサーとミニモイの不思議な国」

本当にこれが最後の3部作!?
「アーサーとミニモイの不思議な国」リュック・ベッソン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 実写と3Dアニメーションを融合させたファンタジー・アドベンチャー「アーサーとミニモイの不思議な国」のプロモーションのためにリュック・ベッソン監督が来日。6月14日、東京・六本木のグランドハイアット東京で記者会見を行った。

冒険に憧れる少年アーサーは、ある日、屋根裏で祖父の残した宝の地図を発見する。体長2ミリのミニモイ族が住む国にあるという宝を手に入れ、貧しい家族を救おうと旅に出るアーサーだが……。本作は、ベッソン監督初のアニメ映画であり、声優としてマドンナやデビッド・ボウイスヌープ・ドッグらの出演が話題の作品。かねてから「10本撮ったら監督業を辞める」と公言してきたベッソン監督にとって、本作は長編作品10作目。しかし、今回はシリーズ3部作の第1弾と銘打っており、「3週間後には次回作の製作にも取りかかる」とのことから、しばらくはベッソン監督作品を楽しむことが出来そうだ。とはいえ、今後については「心変わり? 今も気持ちは変わらないよ」と、改めて本シリーズの完結をもって監督を引退する意向であることを明らかにした。

なお、会場にはダンサーの少女たちが記者として来場しており、その姿を目ざとく見つけたベッソン監督は「映画に出てくるミニモイの女の子たちにそっくりだよ!」と、司会者を制して質問者として指名。すっかり気に入った様子で、「ダンスシーンはないけど写真を送って。次回作にミニモイとして出演出来るようになんとかするよ」と約束し、最後には一緒に壇上で記念撮影を行うなど、驚きの展開となった。

アーサーとミニモイの不思議な国」は9月より全国拡大ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi