トニー賞俳優F・ランジェラが“探偵”E・グールドと共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月14日 > トニー賞俳優F・ランジェラが“探偵”E・グールドと共演
メニュー

トニー賞俳優F・ランジェラが“探偵”E・グールドと共演

2007年6月14日 12:00

[映画.com ニュース] 「スーパーマン・リターンズ」でデイリー・プラネット紙編集長を、「グッドナイト&グッドラック」でCBS社長を演じたベテラン俳優、フランク・ランジェラが、6月10日に発表された演劇界の祭典トニー賞で、ブロードウェイのストレートプレイ「Frost/Nixon」の演技により主演男優賞(プレイ部門)を受賞した。ロン・ハワード監督による同名の映画化作品(08/共演ケビン・ベーコン)でもニクソンを演じるランジェラは、その次の作品として密告スリラー「On the Hook」に主演することが決定した、とこのほど米ハリウッド・レポーター紙が報じた。

同映画は、ミシェル・ウィリアムズ主演のコメディ「A Hole in One」(04/日本未公開)でデビューを飾った新鋭リチャード・レデス監督の第2作になる。エネルギー会社を告発する男(ランジェラ)が彼をつけ狙う暗殺者たちから身を守るために私立探偵を雇い、やがてその探偵に身の上話を告白していくというサスペンス。配役が映画ファンにはたまらない。その私立探偵を演じるのが、「オーシャンズ13」(8月11日日本公開)の、というより「ロング・グッドバイ」で名探偵フィリップ・マーロウを演じたエリオット・グールド。告発者の元情婦のジャズシンガーを、デビッド・リンチ作品「マルホランド・ドライブ」「インランド・エンパイア」(7月日本公開)で“女神(ミューズ)”を演じたローラ・ハリングが演じるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi