同性愛者を侮辱、「グレイズ・アナトミー」のキャストがクビに! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月13日 > 同性愛者を侮辱、「グレイズ・アナトミー」のキャストがクビに!
メニュー

同性愛者を侮辱、「グレイズ・アナトミー」のキャストがクビに!

2007年6月13日 12:00

ワシントン州シアトルにある大病院の外科病棟を舞台に、若きインターン医師たちの奮闘とロマンスを描いた人気ドラマ「グレイズ・アナトミー/恋の解剖学」で、外科医ブレストン・バークを演じていたイザイア・ワシントンが、ついにクビを言い渡された。

アメリカではシーズン3の放送が終了したばかりだが、同ドラマを放送するABCはワシントンとの契約を延長しないことを取り決めた。ワシントンは昨年、同ドラマの撮影中に共演者でインターンのジョージ・オマリー役を演じるT・R・ナイトが同性愛者であることを侮辱。事態は乱闘騒ぎに発展し、外科医デレク・シェパード役のパトリック・デンプシーをはじめとする共演者や、米TV業界から集中砲火を受けた。その後、ワシントンは謝罪の意を表明していたが、信頼を回復するまでには至らなかった。「トゥルー・クライム」の死刑囚役ではクリント・イーストウッド演じる新聞記者にすんでのところで助けられたが、今回ばかりは映画のように救いの手は現れなかったようだ。

同ドラマは、第64回ゴールデン・グローブ賞TVシリーズ作品賞(ドラマ部門)を受賞したほか、キャストらが米エンターテインメント・ウィークリー誌「2006年のエンターテイナー」第1位に選ばれた話題作。日本では7月18日よりシーズン1のDVDがレンタル開始される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi