「ビバリーヒルズ・コップ」製作者が「4」の可能性をほのめかす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月12日 > 「ビバリーヒルズ・コップ」製作者が「4」の可能性をほのめかす
メニュー

「ビバリーヒルズ・コップ」製作者が「4」の可能性をほのめかす

2007年6月12日 12:00

ロッキー、ランボー、ジョン・マクレーンとハリウッドは復古ブーム。となれば、「ドリームガールズ」でアカデミー助演男優賞候補になって完全復活を遂げたエディ・マーフィの当たり役、「ビバリーヒルズ・コップ」のアクセル・フォーリー刑事の続編の噂が出てきても不思議ではない。

マイケル・ベイ監督の「トランスフォーマー」、マシュー・ボーン監督の「スターダスト」という2大巨編を抱える大プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナベンチューラが、アメリカの映画情報サイト、カミングスーン・ネットの取材に答え、このほど「ビバリーヒルズ・コップ4」の可能性について示唆した。「まだ脚本家を雇っていないが、我々はフランチャイズ権について分析を重ね、アクセル・フォーリーについて多くの人々に聞いて回ったんだ。“アクセルを愛しているかい? アクセル・フォーリーの映画を見てみたいかい?”とね。十分な成果を得られたので、たぶん今後4~8週間のうちにライターを雇うだろう」

84年に製作された第1作「ビバリーヒルズ・コップ」(マーティン・ブレスト監督)は全米だけで2億3000万ドル(約280億円)の興収を上げたパラマウント映画のメガヒットシリーズとなり、当時の同社製作部重役ジェフリー・カッツェンバーグ(現ドリームワークスCEO)の名を一躍高めた作品。87年に第2作(トニー・スコット監督)、94年に第3作(ジョン・ランディス監督)が作られたが、全米興収は1億5000万ドル(約186億円)、4000万ドル(約53億円)とジリ貧状態だった。「ロッキー・ザ・ファイナル」のような成功例はあるが、果たしてエディ・マーフィはアクセル・フォーリーを復活させるのか、見ものだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi