タランティーノも出演!三池崇史監督「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月12日 > タランティーノも出演!三池崇史監督「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」
メニュー

タランティーノも出演!三池崇史監督「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」

2007年6月12日 12:00

(左から)三池崇史監督、Q・タランティーノ、桃井かおり、 伊勢谷友介、伊藤英明、木村佳乃、安藤政信、香川照之「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」

(左から)三池崇史監督、Q・タランティーノ、桃井かおり、
伊勢谷友介、伊藤英明、木村佳乃、安藤政信、香川照之
[拡大画像]

現代日本映画界を代表する鬼才・三池崇史監督が西部劇と時代劇を融合させて製作した異色作「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」のクランクアップ記者会見が、6月11日、東京・内幸町の帝国ホテルで行われ、三池監督以下、主演の伊藤英明伊勢谷友介木村佳乃桃井かおり安藤政信香川照之、そしてアメリカから来日したクエンティン・タランティーノが出席した。

同作はイタリア製西部劇“マカロニ・ウエスタン”に引っかけて、日本製西部劇“スキヤキ・ウエスタン”と題した企画で、全編英語で撮影されたことも話題。メガホンを取った三池監督は「普通は通らない企画だが、面白いといってくれたプロデューサーがいて(企画が)スタートしました。全編英語にした理由は、役者たちが英語と闘っている間に撮影を進めてしまおうと思ったからです(笑)。それと、ジャパニーズ・イングリッシュは、映画の世界ではまだ使われていません。映画の世界でのジャパニーズ・イングリッシュの利用が増えれば」と抱負を語った。

一方、「続・夕陽のガンマン」(1966/セルジオ・レオーネ監督)をはじめとするマカロニ・ウエスタンの大ファンとして知られるタランティーノは「まず脚本を送ってもらい、そのあとで三池監督から手紙をもらいました。脚本を読んだ後は、“なんで、オレなんだ?”と思いましたが、三池作品に出るのはとても名誉なことなので、最終的には出演を決めました。とにかくコンセプトが子供っぽくていいと思いました。8歳児の無垢な子供たちが裏庭で遊んで作るような映画で、そんな行為自体が自分にとっての偉大なシネマなのです」と出演経緯について話した。

念願の三池監督作に初出演となった桃井は「三池さんが英語の映画を撮るのを待ってました。私は台詞が日本語だといじってしまうので、英語の台詞のお陰でまっすぐ健気にいい演技が出来ました(笑)」と話し、会見最後には「監督・キャストが日本人というだけで、普通に楽しめる映画になっています」とアピールした。今年9月全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi