「ファンタスティック・フォー」監督が、マーベルからDCコミックへ移籍 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月11日 > 「ファンタスティック・フォー」監督が、マーベルからDCコミックへ移籍
メニュー

「ファンタスティック・フォー」監督が、マーベルからDCコミックへ移籍

2007年6月11日 12:00

米ハリウッド・レポーター紙が報じるところによると、マーベル・コミックの人気キャラクター、「ファンタスティック・フォー」映画版2作を監督したティム・ストーリーが、DCコミックスの「ザ・ルーザーズ」を映画化することが決定。アメコミ・ファンの間ではマーベルからDCへ、同監督の“転身”が話題になっている。

が、「ザ・ルーザーズ」はアメコミといってもスーパーヒーローが登場しないアクションもの。オリジナル版コミック作品は64年に生まれた、第2次世界大戦が舞台の戦争アクションだったが、今回原作になるのは、04年に新たな設定で描き直し、DCコミックの大人向けレーベル“バーティゴ(Vertigo)”から刊行されたハードアクション・コミック。現代に舞台を移し、上層部に暗殺されそうになった特殊戦闘能力を持つCIA戦闘員グループが反撃していくというストーリーだ。ちなみに、DCのバーティゴ・コミックから映画化された作品に、「コンスタンティン」「ヒストリー・オブ・バイオレンス」「Vフォー・ヴェンデッタ」などがある。

脚本は「ゾディアック」(6月16日公開)のジェイムズ・バンダービルトが担当。キャスティングはこれから。チームものとはいっても「ファンタスティック・フォー」とは全くテイストの違う大人向けアクションになりそうだ。09年の全米公開を目指して、アキバ・ゴールズマン(「Mr.&Mrs.スミス」「コンスタンティン」)、DCコミックス、フィルム44他が製作し、ワーナー・ブラザースが全米配給する。なお、ストーリー監督の新作「ファンタスティック・フォー/銀河の危機」は6月全米公開、9月日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi