S・コネリー「『インディ4』には戻らない」と正式に降板宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月8日 > S・コネリー「『インディ4』には戻らない」と正式に降板宣言
メニュー

S・コネリー「『インディ4』には戻らない」と正式に降板宣言

2007年6月8日 12:00

俳優業をセミリタイアしているショーン・コネリー(76)が、出演すると見られていた「インディ・ジョーンズ4」に出演しないことが、同映画のオフィシャルサイトIndianajones.comに彼自身のコメントとして6月7日に掲載された。

「私はスティーブンやジョージとの仕事を愛しているし、言うまでもなく、ハリソン・フォードという息子を持つことが出来て、光栄に思っている。だが結局、リタイアしたままのほうが、忌々しいことにもっと楽しくなってきたんだ」とコメントしている。

コネリーは、89年のシリーズ第3作「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」で、主人公ジョーンズ博士(ハリソン・フォード)の父親役を演じており、今夏撮影が開始されるシリーズ第4作にも出演が期待されていた。

「インディ・ジョーンズ4」は、正式なサブタイトルこそ発表されていないが、スティーブン・スピルバーグが監督、ジョージ・ルーカスが製作・共同脚本を務め、来年5月22日の全米公開を目指し、今月18日からアメリカ東海岸某所で撮影が開始される予定だった。このコネリー降板を受けてルーカスフィルムは、ハリソン・フォードを除く出演者を、ケイト・ブランシェットジョン・ハートレイ・ウィンストンシャイア・ラブーフであると正式に発表した。

また、詳しく明かされていなかった一部ロケ地については、思わぬ形でコネチカット州ニューヘイブン近辺だと発覚。ニューヘイブン・レジスター紙に同映画のエキストラ公募の記事が掲載され、6月28日~7月7日に同地でカーチェイスの撮影が行われるというのだ。ニューヘイブンは、1638年に都市設計され、そのレイアウトが今も残る風光明媚な学園都市。イェール大学の所在地としても知られている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi