第26回藤本賞受賞者は“TBS映画”仕掛人の濱名氏、周防監督ら : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月8日 > 第26回藤本賞受賞者は“TBS映画”仕掛人の濱名氏、周防監督ら
メニュー

第26回藤本賞受賞者は“TBS映画”仕掛人の濱名氏、周防監督ら

2007年6月8日 12:00

優れた作品の製作者として認められた 今年の藤本賞受賞者たち「日本沈没」

優れた作品の製作者として認められた
今年の藤本賞受賞者たち
[拡大画像]

映画製作において優れた活躍をしたプロデューサーに贈られる藤本賞の第26回授賞式が6月8日、東京・丸の内のパレスホテルにて行われ、濱名一哉プロデューサー、周防正行監督らが出席した。生涯を映画製作に捧げ、227本もの作品を世に送り出した東宝名プロデューサー、故藤本真澄の長年の功績を讃えて設けられた藤本賞。本年は、「日本沈没」「涙そうそう」「木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ」など全10作品の“TBS映画”をプロデュースしたことが評価された濱名一哉プロデューサーに贈られた。濱名プロデューサーは、「20代の頃にはフリーのプロデューサーを気どって、借金で首が回らなくなったこともあった。その自分が、まさか藤本賞を受賞することになろうとは。昨年亡くなった父の墓前に報告したいと思う」と、受賞した驚きを素直にスピーチ。

また、「それでもボクはやってない」の脚本・監督が認められ、“藤本賞・特別賞”が贈られた周防正行監督は「第11回藤本賞で新人賞をいただいてから15年。こうしてまた受賞できたのは、映画監督として続けてきて(自分を選出してくださった)審査員の方々を裏切らずにいられたのだと思う。そう考えると受賞できてうれしい」と、笑顔で感謝の気持ちを述べていた。その他にも、「死者の書」の川本喜八郎監督、「明日の記憶」を製作した渡辺謙に“藤本賞・特別賞”、「赤い鯨と白い蛇」のせんぼんよしこ監督、「ヨコハマメリー」を製作した中村高寛監督に“藤本賞・新人賞”が贈られた。

昨年の藤本賞受賞者は、「有頂天ホテル」の三谷幸喜監督だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi