ウッディ・アレン新作に、ワインスタイン・カンパニーが救いの手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月5日 > ウッディ・アレン新作に、ワインスタイン・カンパニーが救いの手
メニュー

ウッディ・アレン新作に、ワインスタイン・カンパニーが救いの手

2007年6月5日 12:00

ウッディ・アレン の新作映画「Cassandra's Dream」の全米配給権を、ワインスタイン・カンパニーが取得した。昨年全米公開されたアレン監督の前作「Scoop」(スカーレット・ヨハンソンヒュー・ジャックマン主演)の全米興行成績が1052万ドル(約12.8億円)と振るわなかったため、各配給会社が二の足を踏む中、かつてミラマックス時代にアレン映画を配給していたハーベイ・ワインスタインが救いの手を差し伸べた格好だ。

この知らせを聞いたアレン監督は、米ハリウッド・レポーター紙の取材に対し、「ハーベイ・ワインスタインこそ、金儲けだけでなく、価値のある映画を配給することに喜びを見い出すことが出来る稀な配給者の1人だ」とコメントした。なお、「Cassandra's Dream」は、ロンドンを舞台に、ユアン・マクレガーコリン・ファレル演じる兄弟の悲劇を描く物語だとか。今回の配給会社決定により、年内には全米公開されそうだ。

また、今夏スペインのバルセロナで撮影されるスカーレット・ヨハンソン主演の新作コメディがワーキングタイトル通り、「Midnight in Barcelona」に決定。ハビエル・バルデムペネロペ・クルスが出演、英語・スペイン語が話されるドラマになるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi